税金とFXの関係を理解しよう

>

FXの収入で税金を納めること

所得税の雑所得になる

所得税には、利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、退職所得、山林所得、譲渡所得、一時所得、そして雑所得の10種類があります。
FXで取引が成功して、利益を得られた場合はこの雑所得に含まれると覚えておきましょう。
つまり、FXの取引では税金が発生します。
FXを行うなら、きちんと自分にはどのくらいの税金がするのか計算してください。

税金を納めないと、トラブルに発展します。
警察に捕まったり、罰としてもっと大きい金額を納めなければいけないので気を付けましょう。
FXと税金の関係を具体的に学ぶと、これから安全に取引に臨めます。
税金の額をすぐに計算できるよう、自分がFXに使った資金や利益や損失をわかりやすくまとめておきましょう。

他の所得の有無

自分が、FX以外に所得があるのかを考慮してください。
具体的に言うと給与所得があり、FXで年間20万円以上の利益を得られた人が該当します。
ちなみにFXで得られた利益とは、ポジション決済を行ったか、スワップ受取を行った時の2パターンが該当します。
さらに複数のFX会社を使って取引をしている場合は、最終的にそれぞれで得られた利益を合計して税金を計算します。

専業主婦や会社を退職して、給与所得がない人が見られます。
そのような人がFXで利益を得られたなら、給与所得がある人と同じように税金を納めなければいけません。
雑所得が年間で48万円を超えた場合だと、上限金額が変わります。
自分がどちらに含まれるのか、早い段階で見極めましょう。


TOPへ戻る